ガレージハウスの注文住宅の施行例

大切な家族のために、快適で楽しい生活の基盤となる家の建築を検討する際、建売住宅でなく注文住宅を選択すれば、より一層、思い描く暮らしを実現することが可能となります。例えば車で家族とのドライブや趣味がスポーツカーなどカーライフを満喫するため、ガレージハウスが備わった家の建築を検討する方が最近、増えています。ガレージハウスとは車の車庫が住宅に組み込まれたものや別棟の車庫が住宅敷地内にあるものを言います。この頃ガレージは、車を保管する目的だけでなく、ガレージと住宅内をガラス壁で仕切り、常に愛車を見て楽しみ、インテリアの一部として生活に取り入れる方もいます。また、十分なスペースが確保できる場合、休日にガレージでバーベキューを楽しむ等、家族とのコミュニケーションエリアとしての利用も期待できます。

ガレージハウスの利点を活かした注文住宅づくり

車やバイク好きの方にとって憧れであるガレージハウスは、単なる趣味やこだわりを充足させるだけでなく、生活の利便性に繋がるなど利点が数多くあります。この利点を整理する事が注文住宅を計画する際、間取りや機能面等に大いに役立ちます。ガレージハウスのある家の利点は、まず、車やバイクは雨や雪等から守られ傷み難い環境となります。次に、住宅内部からアクセスが可能となり、高齢者や女性が買物による重たい荷物の移動の際、とても便利で身体に負担の少ない優しい環境です。そして、防犯面でも盗難やイタズラから守ってくれます。また別途、月極駐車場が必要になると費用がかかりますので経済面にも貢献します。このように利点を考え注文住宅を設計すれば、確実に安全で利便性の高い暮らしを手に入れることができるでしょう。

注文住宅でガレージハウスを建築する際の注意点

家づくりにおいて、特に注文住宅の場合、最も重要な事は設計士との良好なコミュニケーション関係の構築と考えます。住宅の建築は、失敗が許されません。中でも注文住宅は、施主の住宅に対する考えや思い、どのような暮らしを思い描いているのか等、事前に要望を詳しく設計士へ伝えることが大切です。また、ガレージハウスを予定する場合は、ガレージハウスの施工経験ある業者に依頼する事もポイントとなります。耐震性や強度を確保するためには、木造工法では限界があります。住宅一階の一部を大きく開口する構造となるため、建築構造も限られてきます。加えて、建築敷地面積が狭いと居住面積にも影響してきますからなるべく広めの建築敷地が必要となってきます。コスト面は、初期投資はかかるものの防犯リスク軽減と生活の実用性を十分に考慮し判断すれば、納得できるものと考えます。