ガレージハウスの注文住宅についての説明をします

居住スペースと車庫が一体となっているビルトインタイプもしくは車庫の用途で独立した建物を敷地内に有している住宅のことをガレージハウスと呼びます。ガレージハウスは車やバイク好きの人々には憧れの家と言われており、屋根付きあるいはシャッター付きの空間で車やバイクの保管やメンテナンスをすることができます。ガレージハウスは注文住宅で建てるようにしましょう。なぜならビルトインタイプのガレージハウスの場合、1階に車庫があり2階以上に居住スペースを備える作りになりますので建物には相応の強度や高さが求められます。また車の出し入れのための前面道路の確認や建ぺい率の計算など建てるための土地の条件によってはガレージハウスを設けることが難しい場合もあります。そのためガレージハウスについて経験やノウハウを持ち合わせている建築家やハウスメーカーに依頼をしましょう。

ガレージハウスの注文住宅は施工方法が限られる

ガレージハウスの中でも居住スペースと一体化しているビルトインタイプの場合、車の出入り口に相当する部分は開放されることになりますので、上階を支えられるだけの強度が必要となります。そのため木造でガレージハウスを建築することは難しく、すべてコンクリート造もしくはガレージ部分だけでもコンクリート造にする必要があります。つまりガレージハウスの注文住宅を建てたい場合は施工方法に限りがあるということです。そしてこうした施工方法を請け負うことのできる業者は限られていますので注意が必要です。もしも土地が広く、別棟でガレージハウスを設ける場合は、自分で建てるという方法も可能です。材料がすべてセットになっているキットが販売されています。業者にすべて依頼する方法に比べて費用を抑えることができます。

ガレージハウスの注文住宅は業者選びが最重要

ガレージハウスの注文住宅を建てることが決まったらまず始めに業者を選定しましょう。業者選定の際は、保証内容が充実している業者を選ぶのが重要です。万一、完成後にトラブルが生じた場合に救済措置のある業者が良いでしょう。またガレージハウスに建築には知識と経験が必要ですから、ガレージハウスの建築経験のある業者が良いです。業者が決まったらデザインや欲しい機能などについて入念に打ち合わせをしましょう。外観などのイメージも大切ですが、車がぶつかってしまうと建物の構造に大きな影響が及ぶため車庫の間口や駐車スペースは広く取られているか、作業に必要な照明や電源、排気ガスを換気できる装置が備わっているかについてはきちんと確認しましょう。注文住宅は、建築途中の現場を見学し作業内容を確認することができ安心です。

専用フォームにて、イベント来場のご予約も受け付けています。 お問い合わせフォームより、簡単入力で資料請求も承っています。 スタッフの日常やお客様宅をご紹介しているブログも公開しています。 ポウハウスには、住まいづくりを応援する最高のプランナーが揃っています。 家づくりだけでなく、安心のアフターサービスも充実!これからのサポートも約束します。 ガレージハウスの注文住宅はこちら